FC2ブログ

2018-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洞門の岩の落下は「崩落」ではなく「剥落」

 8月11日に起きた緑の洞門の外側上部と外側側面の岩の落下について、鎌倉市は「崩落」と表現しています。いかにも洞門本体が崩れたような印象を与え、危険な感じのする言葉です。

 しかしながら、実際には今回の岩の落下で洞門本体部分は損傷を受けておらず、専門家の見解によると、岩の落下と今後懸念される洞門本体の劣化は全くメカニズムが違うため、今回の落下=本体がすぐに崩れると短絡的に結び付けて考えることは出来ません。

 当会では、洞門そのものが崩れ去るような印象を与える「崩落」ではなく、地層に沿って石が剥がれ落ちる(剥離する)「剥落」という言葉を8月11日以来使っています。今回、地質学の権威であり、緑の洞門の地層に詳しい松島義章・前鎌倉市文化財専門委員会会長も「剥離」が適当という見解を示されましたので、以下にご紹介します。

北鎌倉湧水ネットワークのブログより

「剥落」であって、「崩落」ではない:緑の洞門付近の岩落下

今後は鎌倉市も「剥落」という言葉を使っていただきたいと考えます。

 ↓「剥離」後の洞門外側側面 地層に沿ってきれいに剥離している
洞門剥離 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

「殺人罪」と「傷害致死罪」程度の差しか感じられませんが・・・

Re: タイトルなし

近隣住民様

> 「殺人罪」と「傷害致死罪」程度の差しか感じられませんが・・・

崩落と剥落では学術的にもメカニズムも違いますし、全く別の事象です。
言葉の感じとしても「崩落」は崩れ去るというニュアンスですが、「剥落は」剥離したものが落ちるということで、イメージかかなり異なります。洞門について特に思い入れのない方々にも聞いてみましたが、崩落という言葉はイメージが悪いですね。
所詮言葉への感性ですから、近隣住民様のような感覚の方もいらっしゃって当然です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kitakamashiseki.blog.fc2.com/tb.php/202-698ec1ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

管理人

Author:管理人
北鎌倉の史跡について学んでいます。また、身近にある景観の保護活動も行っています。
ご連絡は下記メールフォームまでお気軽にお願いします。

 

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。