2017-04

Latest Entries

市議候補へのアンケート結果と現職市議の姿勢

 当会では鎌倉市議会議員候補者(現職を除く)14人に対し、緑の洞門に関するアンケートを行いました。(Web上で公開することを明示の上、回答依頼を行いました。)

回答をくださった候補者は以下の通りです。(敬称略)
・あだちなほ
・飯野まさたけ
・たかの洋一
・つのだあきお
・とくなりひとし
・藤原ひでき
・横内宏明
・たけのひろこ(追加で届けてくださいました)

残念ながら回答をくださらなかった候補者は以下の通りです。(敬称略)
・くりはらえりこ
・志田一宏
・江上けん
・伊藤倫邦
・朝倉亮介
・もり功一

 また、緑の洞門の地元山ノ内から立候補している2名の候補について、藤原ひでき候補より回答を頂きましたが、くりはらえりこ候補からは回答を頂けなかったのは、地元の大きな問題の1つであるだけに大変残念です。本田博久候補については、直前の立候補表明のため、アンケート配布が間に合いませんでした。


以下に回答をくださった候補者の回答を掲載いたします。
 ↓あだちなほ候補
足立1
足立2
 ↓飯野まさたけ候補
飯野1 
飯野2
 ↓たかの洋一候補
高野1
高野2
 ↓つのだあきお候補
角田1
角田2
 ↓とくなりひとし候補
徳成1
徳成2
 ↓藤原ひでき候補
藤原1
藤原2
 ↓横内宏明候補
横内1
横内2
 ↓たけのひろこ候補
武野1 
武野2 


【参考】現職市議会議員の緑の洞門への姿勢について

 2014年10月16日付けで北鎌倉駅裏トンネルの安全対策協議会会長辻政治他4名から提出された「北鎌倉駅裏トンネル安全対策の早期実現を求める陳情」(陳情第30号)の賛否によって議員の洞門に対する考え方を知ることができます。ちなみにこの陳情は、緑の洞門の開削を早期に実現することを核とした陳情です。

反対した議員(=洞門開削反対)
赤松、吉岡、竹田、岡田議員

賛成した議員(=洞門開削賛成)
高橋、小野田、永田・日向、久坂、河村、渡辺隆、納所、西岡、大石、山田、前川、池田、松中、千、中澤議員

退席した議員(=洞門は保存したいが安全対策を求める陳情で反対すれば安全対策をしなくて良いととられる、判断材料がそろわない等)
保坂、三宅、長嶋、上畠、渡辺昌一郎議員

 ちなみに千議員は、その後洞門保存寄りの考え方になっています。保坂、三宅、長嶋議員も基本的に保存の考えです。

スポンサーサイト

鎌倉市への意見表明および質問を行いました

 当会は、2017年3月2日付で「本設工事へ向けての意見表明および質問」を鎌倉市に提出しました。これは、緑の洞門の保存・安全対策工事において鎌倉市文化財専門委員会での議論を尊重し、洞門を大きく拡幅などせず、できるだけ現状をとどめた形での保存を求めるものです。

 さらに、市が安全対策検討委員会に検討を依頼する際、「自動車の通行」を
前提条件として盛り込んだ経緯についても質問をしました。地元住民の中でも洞門の通行機能をどうするかは様々な意見があり(注)、どのような前提条件で委員会に検討してもらうかは非常に重要な問題です。ところが市は、きちんとした検討や議論もせずに「自動車の通行」をなし崩し的に検討の前提条件に加えており、当会としては問題視しているところです。

市長宛p1

 これに対し、3月16日付で鎌倉市より回答が来ましたが、質問に明確に答えていない曖昧な回答となっています。この件については、引き続き注視していきたいと考えています。

2017年3月2日付質問状への回答by道路課p

(注)便利さのために自動車を通したい、景観上出来るだけ手を入れないで欲しい、子供の交通安全のために自動車は通してほしくない等

山ノ内在住の方からの寄稿 その2

 山ノ内在住の山ノ内路散人さんから新潟・佐渡に続き、島根・隠岐を旅した際の感想を寄稿頂きましたので、以下にご紹介します。

隠岐1

隠岐2

隠岐3

東家一太郎 「浪曲の夕べ」のご報告

 3月12日夜の当会主催のイベント、東家一太郎「浪曲の夕べ」は、153席の鎌倉商工会議所ホール一杯の大盛況でした。参加された方々、熱心に傾聴し、大きな声援をおくっていただき、まことにありがとうございました。

【満員の会場】
031203.jpg

 東家一太郎さんと当会を結び付けてくれた写真家の関戸勇氏が、東屋夫妻とのなれそめ、新作浪曲を作り上げる過程、浪曲の内容等を語り、それをはさんで、バージョンアップされた新作浪曲「浪花節だよ洞門は」、ついで古典浪曲「野狐三次~木っ端売り」が上演されました。日本中で浪曲師はおよそ50名、三味線弾きは10名という規模の世界で、唯一夫妻で調子を合わせる息のあった掛け合い、客席から「名調子!」「日本一!」と合いの手が飛び交う中、見事な熱演でした。

【熱演!】
P3120403Blog.jpg

R0021368Blog.jpg

 それにしても、千葉方面のお住まいから、わざわざ何度も緑の洞門の現場を訪れ、その周辺部を歩いて調べ、「浪曲だよ洞門は」という新作を練り上げていった努力に頭が下がります。加えて、北鎌倉の様々な史跡、文化的景観をも自分の目で確かめ、臨場感を研ぎ澄ませていったところが素晴らしいと思います。

【新作作成のために緑の洞門を訪れる東家夫妻】
P2070293blog.jpg


 数日後に東屋一太郎さんから届いた手紙から、その一部を抜粋させていただきます。
 「緑の洞門が縁となって素敵な皆様とお会いできました事、私達にとって何よりの財産です。ホール満席のお客様の前で浪曲をさせて頂き、心よりお礼を申し上げます。」「緑の洞門、鎌倉の自然と歴史が守られていくことを切に願い、今後とも勉強に参りますので宜しくお願い申し上げます。」

【当会共同代表出口茂による現状説明】
P3120453Blog.jpg
 
 当イベントの最後に、当会の共同代表の一人として出口茂が、当日配布の資料集に基づき、緑の洞門をめぐるこの間の経緯、現状および今後に向けてを語り、訴えました。引き続き皆さまのご協力、ご支援のほどよろしくお願い致します。

【3月30日追記】
 当日の様子がジャーナリスト高木規矩郎さんのブログ「鎌倉の世界遺産登録を考える」で紹介されています。

東家一太郎 「浪曲の夕べ」のご案内

 昨年8月、北鎌倉にて行なわれた東家一太郎さんの浪曲会「浪花節だよ洞門は」。満員御礼で入場できなかった方が多数となってしまいましたが、「是非聞いてみたい」、「再度聞きたい」という方々のご要望にお応えして一太郎さんにお願いしたところ、バージョンアップして演じてくださることになりました。

 伝説のネタとなった新作浪曲「浪花節だよ洞門は」はもちろんのこと、古典浪曲「野狐三次~木っ端売り」も披露されます。どうぞご期待ください。

 また、イベントの後半で、この1年の経過と今後について、会からのご報告もしますので、お誘い合わせの上、ぜひご参加いただければ幸いです。

----------------------

東家一太郎 洞門の会 浪曲の夕べ
   「浪花節だよ洞門は」新作浪曲
   「野狐三次~木っ端売り」古典浪曲

日 時:3月12日(日) 開場18:00 開演18:30
場 所:鎌倉商工会議所ホール(鎌倉市役所前)
入場料:1,000円 (全席自由)
チケット取扱い:(北鎌倉)侘助、(鎌倉)島森書店、たらば書房
お問合せ、お申込み
 電話:090-3804-1846
 メール:w240bx-kitakamashiseki@yahoo.co.jp

----------------------

浪花節1

以下、2017.2.8追記

 2月8日、東家一太郎さん、美さんご夫妻が「浪花節だよ洞門は」のバージョンアップのために、現地を視察にいらっしゃいました。当会から洞門の現状と今後の動きなどについてご説明いたしました。

 【閉鎖されている緑の洞門を視察する東家一太郎さん、美さん】
P2070293blog.jpg


«  | ホーム |  »

プロフィール

管理人

Author:管理人
北鎌倉の史跡について学んでいます。また、身近にある景観の保護活動も行っています。
ご連絡は下記メールフォームまでお気軽にお願いします。

 

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示