2018-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂の東京マガジン3回目の放映

 5月6日(日)TBS「噂の東京マガジン」の「噂の現場」で、三たび緑の洞門が取り上げられました。多くの皆様より報道内容への様々な感想・ご意見が届いており、感謝いたします。

 番組前半は、一度目(2014年秋)、二度目(2016年春)の放映を振り返り経過をたどりつつ、緑の洞門問題についてはじめて知る人にも分かり易い内容でした。

 後半については、「市長の応対が良くない!」という落としどころで、円覚寺の塔頭である雲頂庵が「地権者」として隠蔽され、まるで迷惑を被っている被害者であるかのようにも取れる内容でした。また、松尾鎌倉市長が今年3月1日の「広報かまくら」に掲載した円覚寺と雲頂庵に対する謝罪文に関して、謝罪相手の部分だけ墨塗りにして紹介していました。すべての鎌倉市民に公にされた謝罪文の一部をあえて墨塗りにするという点には疑問を持ちます。

 そもそも墨塗り文書で想起されるのは、2010年から11年にかけて雲頂庵で開催された「開発談合」記録です。それは、たった3人の地元「有力者」と副市長以下の行政が、横須賀線の地下化・北鎌倉駅の東西をつなぐトンネルといった中・長期の開発計画を推し進めるため、その突破口としてまず緑の洞門の開削を実現するという打ち合わせでした。そのために、「安全」を建前として強調すれば、「9割の住民が反対しても押し通せる」といった住民を操作対象とする目論見でした。これが、一連の洞門問題の原点です。

 円覚寺と雲頂庵が、2016年7月の鎌倉市文化財専門委員会で「洞門を含む尾根筋は文化財的価値があり、国指定史跡への追加指定を図っていくべき」との総意に反対してきた事実は各種公文書等から明白です。松尾市長が2016年7月に「人や自転車が通れる仮設工事を早急に実施する」と公約したことに雲頂庵が反対し続けてきたことも明らかです。市長の公約がいつまでたっても実現できず、住民が危険にさらされ続けている、その根源はこの事実に他なりません。

 当会としては、あくまで仮設工事早期実施の市長公約の実現を求めていきたいと思います。


噂の東京マガジン2 


 放映に関して、以下の北鎌倉湧水ネットワークのブログでも取り上げられています。

 
TBS噂の現場、雲頂庵を黒塗りで放映:緑の洞門通行禁止

スポンサーサイト

東家一太郎 浪曲会のご報告

 2018年4月30日午後、地元北鎌倉の山ノ内公会堂にて、東家一太郎さんの浪曲会が開催されました。地元の方々を中心に約60名のご参集を得、おかげさまで会場は満杯となりました。

 最初の演目は、「雷電為右衛門小田原情け相撲」で、悪いヤツに苦しめられた母子の情を受け止め、悪を懲らしめる勧善懲悪の人情話です。

IMG_20180430_152024.jpg

 休憩をはさんで、メインの演目「浪花節だよ洞門は~北鎌倉 緑の洞門の物語」(写真家関戸勇氏撮影の北鎌倉の風景のスライドショー付)です。この演目は、地元の「粟舟亭」(沖縄料理アンダンスー2階)を皮切りに、北鎌倉駅前の「侘助」、鎌倉の商工会議所地下ホールと市内でも数回にわたり演じ続けられてきました。東京や横浜でも上演され、その都度内容がバージョンアップされています。

IMG_20180430_151101.jpg

 観客からは「待ってました!」「たっぷり!」「名調子!」「ニッポンイチ!」と浪曲お馴染みのかけ声が発せられ、拍手と歓声で大盛況となりました。


 当会発行の「北鎌倉の風景ポストカード」もお陰様で用意した15セットすべて完売となり、台峯や小さな路地、やぐらなど北鎌倉の保存すべき美しさを再認識する機会となりました。

 最後に、「緑の洞門封鎖3年にあたっての声明」を参加者全員に配布してあることを踏まえ、当会共同代表の鈴木一道がご挨拶し、緑の洞門保存への協力を呼びかけ、終了となりました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

洞門封鎖3年にあたっての声明

 当会では、4月28日付で「緑の洞門封鎖3年にあたっての声明」を発表し、松尾鎌倉市長、小礒副市長、各市議会議員に配付しました。

 3年もの間通行が出来ないことによって、多くの方々が不便を強いられています。当会では引き続き、洞門の早期通行実現を要望していきます。

 声明の詳細は、以下をご覧ください。


seimei 3 years1


5月6日TBS「噂の東京マガジン」で放映決定!

 
TBS TV1 

北鎌倉隧道安全対策説明会が開催されました

 2018年4月24日、市主催の「北鎌倉隧道安全対策説明会」が山ノ内公会堂で開催され、地元住民を中心に多くの方が参加しました。

setsumeikai1.jpg 

 市側は松尾市長を筆頭に、都市整備部長、都市整備次長、道路課担当課長などが参加し、本設工事3案についての説明が行われましたが、当初公約していた「速やかに仮設工事を行い、2017年夏までには人の通行を再開する」という点についても、「何故未だに出来ていないのか?」等、質問が多く出されました。

 その中で明らかになったのは、すでに当会のニュース等でお伝えしている通り、円覚寺・雲頂庵強力な反対により仮設工事に手をつけることが出来なかったという事実です。
 
 円覚寺・雲頂庵に対しては、「広報かまくら」紙面上に異例の市長謝罪文が掲載されましたが、一番不便を被っている住民に対しては、洞門封鎖以降今までに何の説明もなく、大幅に工事予定が遅れていることに対しても謝罪もないことに疑問を感じます。(今回の説明会も市側から開催を企画したのではなく、地元住民らの強い希望により実現したとのこと。)

 説明会の様子については、以下の鎌倉おやじのブログに詳しく書かれていますので、ご参照ください。
北鎌倉隧道安全対策説明会 松尾市長発言フラフラ TBS・東京マガジン取材

«  | ホーム |  »

プロフィール

管理人

Author:管理人
北鎌倉の史跡について学んでいます。また、身近にある景観の保護活動も行っています。
ご連絡は下記メールフォームまでお気軽にお願いします。

 

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。